MAMAGONの思った事&独り言を、 自由気ままに書く、【裏ブログ】
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【同窓会】という【身近な詐欺】!?
2010年10月05日 (火) | 編集 |
9月のある日。 母(ばば)の一言から始まった。
ばば6万円もう遣い切ったんだって。」
なんの話し


母が、幼馴染からの電話で聞いた話しをまとめてみる。

前回同窓会を行い、残った6万円を、幹事に渡した
それは、女性達が固まって渡す所を確認している。
★幹事は、毎回同じ男性が行っている。
★これまでは(長年に渡る)、幹事の個人名の口座へ、
全員が振り込んでいた。
★前回は、女性側の会計の人が安くなる様に動いたので、
予定より安く出来た。
★前回から、欠席者事務費2千円の振込みを、
強制付けられた。
★欠席者へは、気持ちばかりのお土産を購入しようとした、
女性側の会計さんが、幹事に、にらまれた
★それでも、
残金が6万円になり、幹事へ渡した。
長年、収支報告は無い。


それから、約2年。
6万円は使い切ったから、もう無いよ。」と、
幹事が言ったのだ。
女性側幹事(電話して来た、幼馴染)が直接聞き、
母へ電話して来たのである。

私は一言、『詐欺に近いね。遣い込みだよね。』



そんな話しを聞いた、数日後。
同窓会の封筒が届いた


ばば「いつから、
同窓会事務局が出来たんだ


012_20101005173657.jpg


今回の振込先は…
卒業生同窓会

013.jpg
それらしい、口座名に変更したが、
これまでの口座は抹消
収支が解かる物的証拠は、抹消したつもりだろう。

女性側は、今回の電話情報を元に、
仲良し組では話し合い、欠席する事に決めた。
それも、幹事には言ってある。

だから…

014.jpg

かならず参加して下さい。
との、
切羽詰まった直筆が添えられていた



最初の、幹事からの電話(6万円を遣い切ったとバラシタ電話)で、
「女性側は、旅行で、景色や名所を見たい。」
と、同窓会の内容を変えようと、提案した。
だが、幹事は、
「男性側は、飲みたいのだから、近場での一泊旅行にしたい。」
と、断られた。
しかし、殆どが地元にいるのである。
男性側が、体調を崩しているのも、
知っているのである。
お酒を飲める人が何人いるの状態である。
いないようだ…


インターネットを使いこなして、
安いものを探して来る。

と、母に聞き…
ネット検索してみた


男性 1万5千円
女性 1万3千円
の会費で…
ちょっとー 高級旅館じゃん
会費でまかなえるのー

でも、どこかに絶対ある!!暴いてやるー

と、ネット検索に熱が入る。
あった
1万円で泊まれるプランが。今からでも予約が出来た。

単純計算しても、
一人、1500円は多い

欠席者だって、事務費は200円で充分よ
1800円も余分に徴収している。



1500円を60人分
これが、幹事の懐に丸々と入っていたのである。
(今回、バレテいなければ。)



これまでの残金の行方は
田舎なので、もめると幹事の家族の立場が無いので、
これも一つの思い出にしてしまうようだ。


「今後は仲良し団体で、旅行するからいいの。」
と、ばばエネルギーもスゴイ
ばあさんが、7人で行く旅行は、ウルサイだろうなぁ…



皆さんの身近では、
このような詐欺はありませんか
同窓会… 気をつけましょう



旧友は 人生苦も有り 金は無し
時が経ち 変わるとこ有り 見る目持ち



追記:
今回、母の関係者の目に留まったら…
幹事の方。バレテいるので、今後は同窓会幹事から降りた方が良いです。
今回、知らずに振り込んだ方。
残念ですが、寄付してあげて下さい。
モメナイ方が良いように思います。
気づかなかった、人任せにしていた、あなた方の責任でもあると思います。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。