MAMAGONの思った事&独り言を、 自由気ままに書く、【裏ブログ】
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【北海道産 じゃがいも&玉ねぎ】 当選しました☆
2010年10月30日 (土) | 編集 |
いつもコメントを頂き、お世話になっている、
COCOマミーさんの、
【秋のブロ友感謝キャンペーン】で、当選しましたー!!
北海道産 じゃがいも&玉ねぎ 9kg
すごいですねぇ


10月28日

ドーン!!と、届きました

055.jpg

重いです 
佐川急便のオジサンも、中身は何と思ったでしょう。
でも…

玉ねぎ君が、

056.jpg
お顔を覗いていました

開けて見ると…

057.jpg

いーっぱい! 入っています

それも、
一つずつが、大きくて立派!!

059.jpg
060.jpg

近所の八百屋さんでも、
北海道産のじゃがいもや玉ねぎは、販売されます。
でも、こんなに大きくは無いです。

さて、どの位入っていたでしょう

玉ねぎ 19個

じゃがいも 26個

かぼちゃ 1個

『すごいねぇ こんなに入ってた



ばば 「記念に、じゃがいも顔を描いて飾るか
私の顔ですって

『私の顔なら… これか

061_20101030181132.jpg



さて。
北海道から届いた、じゃがいも&玉ねぎは、
夕食の献立に


大根サラダ
ばば 「この玉ねぎ、辛いよ。」
玉ねぎは、少なめにして…

001.jpg


玉ねぎ&じゃがいもスープ

002_20101030211636.jpg


この食事風景は、ネタになるので、

パワフル親バカ☆怪獣日記☆で、
【北海道産で《百面相》】に載せる事に



さて…
パソコンを見て、ビックリ!!
COCOマミーさんから、
セットの、レトルトとうもろこしが入っていなかったとの事で、
追加で届くとの事。


10月30日

第2便が届きました

035.jpg

開封すると…

036.jpg

レトルトとうもろこし 2個の他に、


熊出没注意ラーメン 醤油

037.jpg


白クマ塩ラーメン

038_20101030180440.jpg
が…

熊出没注意ラーメン
北海道原産だけあって、すごいネーミングですねぇ

どんな味なのか興味深々だけど、一袋だけなので、
ママの夜食に、隠し持って置こうかなぁと…
(それだから、太るんだぞ)



なので、今日は皆で、
レトルトとうもろこしを、おやつで食べる事にした。

ばば 「早く食べないと、無くなるよ

慌てて、食べ始めた
『甘くて美味しいねぇ
「ダメ!! リュウ!!」
『リュウのじゃなくて、ママのです!』
「リュウの!」
と、横取りして逃げた


暫くして、そろそろ飽きたかなぁ
『リュウちゃん。 ママのは残ってる
「これは、リュウの!」

116-2.jpg

ほぼ完食


北海道産は、
我が家のグルメ小僧の舌を、満喫してようだ。
雑食小僧も、いつも以上に大食だった。

今夜は、焼肉の野菜に、玉ねぎが登場した
みずみずしいシャキシャキ感が、とても美味しかった


最後に、
COCOマミーさん
ありがとうございました
ご馳走様でした


スポンサーサイト
急な訃報に、いまだ
2010年10月22日 (金) | 編集 |
10月22日


昨夜、急な訃報の知らせがあった。

お仲人の奥様である。
絵に描いた様な、おしどり夫婦である。
ちょっとワンマンの旦那様を、
「まあまあ、そんな事を言わないのよ…」と、
間に入って、ワンクッション置く役割をしている様な、奥様だった。


「この間、会ったのに! 元気そうだったよ!!」
よくよく考えると、先月だったような…
あれ 奥様も一緒だったよなぁ…
そんな、曖昧な記憶でしか無いが、
私がお会いした最後の姿は、元気で穏やかだった。

全く!予期せぬ訃報に、
昨夜から、放心状態である。


元々は、
私の知り合いというよりは、
旦那と旦那の両親が親しいので、仲人をお願いした。
しかし、離婚話が出てからは、
私の相談相手になって下さった。
離婚後も、安定した私達親子を見て、安心されたと思う。


奥様は、
若い時から、リウマチを発症し、
そんな体でも、年の離れた旦那様が、お嫁に貰ってくれた。
と話していた。
「リウマチで、娘を二人産んだのよ。健康で無いと、育児は大変よね。」
と、私の鞭打ち悪化状態を、よく理解して下さり、励まして下さった。
その後から、現在に至るまで、
透析
で通院していた。
私達の結婚式の日は、透析を受ける日だったが、ずらしてまで、
初めてのお仲人を、楽しみにして下さった。

しかし、
離婚の頃、(元)旦那が、
「奥さん、癌の手術をしたんだって。」と話していた。
その後は、とてもお元気そうにしていたので、癌の事はすっかり忘れていた。

あれから、一年。
まだ、信じられず…
ちゃんと近況報告をしておけば良かった…
と、
今日一日。悶々としている。


奥様の人生は、
病気と格闘した大変な生涯だったと思う。
しかし、
人には優しく、温かく、
いつも笑顔でいた、素敵な女性だった。


私もこれからの人生。
奥様の姿を、見習いたいと思う。


明日のお通夜で、ちゃんとお礼を言ってこよう。


初めての【パン作り】
2010年10月12日 (火) | 編集 |
9月10日(日)


最近のMAMAGONは、
手作りパンに挑戦してみたい願望に。
だが、
ケーキ&クッキーすら、作れないMAMAGONに、
食べられるパンを作れるのだろうか…
とても疑問である

ホームベーカリーが欲しいけれど…高いしなぁ…。
買ったはいいが、使わないと勿体無いし。
ホームベーカリーは、粉のセットを使わないといけないの
と、解からない事だらけだしなぁ。

そう言えば、私のオーブンレンジは、
石焼・らくらくベーカリー・発酵という
ボタンがあるけれど、
どうやって使うんだ

説明書は… どこだ
引越し後、どこにあるのか記憶に無い
探すのは面倒だし…
ネットで検索しよう

と、いくつかパン作りのレシピを用意して、
気合抜群!!



さて、
MAMAGONの挑戦が始まった
途中、お手伝いをしてくれる、怪獣。
「ボクが、混ぜるお手伝いする。」
とハルが手伝い始めると、
「リュウー!!」
と、吠える怪獣。
『ふざけてこぼさないでよ
だが、ふざけまくる。
ばば 「外へ遊びに行こう。」



完成

025_20101012173423.jpg

形がイビツなのは、良しとして…
膨らんで無いような…

6個出来上がったパンを、
外遊び中で手が汚くても、容赦なく、
口にツッコミ
残りの2個は、台所に。

でも…
意外にも 美味しかった


何故、膨らまないのか… 
イマイチ納得がいかないMAMAGON。
もう一度作るぞ!!


再チャレンジ

その間、手を洗って台所へ来る、ハル。
パンが1個消え去った。
次に、手を洗えずに(水道に届かない)、
キョロキョロしているリュウ。
『手を洗いなさい。』
パンが1個消え去った。
完食された、パン

怪獣達が食べるって事は、
マズくは無いって事だよなぁ。


026_20101012173514.jpg

今度は、少しは膨らんでるかなぁ…
でも、パンって、
ふわ~~って巨大に膨れ上がるイメージがあるんだけど。
そんなに大きくなっているかなぁ…


二度目も完成

027_20101012173546.jpg


中身に、チーズとウィンナーを入れたけれど、
どっちがどっちだ
『いいや。 半分に切れば
と、いい加減なMAMAGON。


028_20101012173604.jpg

焼きたてのパンって、美味しいなぁと思ったけれど、
どうすれば、
もっと、しっとり。
もっと、ふんわり。

焼けるのかなぁ…。


本音は、パンって面倒くさいなぁ


【同窓会】という【身近な詐欺】!?
2010年10月05日 (火) | 編集 |
9月のある日。 母(ばば)の一言から始まった。
ばば6万円もう遣い切ったんだって。」
なんの話し


母が、幼馴染からの電話で聞いた話しをまとめてみる。

前回同窓会を行い、残った6万円を、幹事に渡した
それは、女性達が固まって渡す所を確認している。
★幹事は、毎回同じ男性が行っている。
★これまでは(長年に渡る)、幹事の個人名の口座へ、
全員が振り込んでいた。
★前回は、女性側の会計の人が安くなる様に動いたので、
予定より安く出来た。
★前回から、欠席者事務費2千円の振込みを、
強制付けられた。
★欠席者へは、気持ちばかりのお土産を購入しようとした、
女性側の会計さんが、幹事に、にらまれた
★それでも、
残金が6万円になり、幹事へ渡した。
長年、収支報告は無い。


それから、約2年。
6万円は使い切ったから、もう無いよ。」と、
幹事が言ったのだ。
女性側幹事(電話して来た、幼馴染)が直接聞き、
母へ電話して来たのである。

私は一言、『詐欺に近いね。遣い込みだよね。』



そんな話しを聞いた、数日後。
同窓会の封筒が届いた


ばば「いつから、
同窓会事務局が出来たんだ


012_20101005173657.jpg


今回の振込先は…
卒業生同窓会

013.jpg
それらしい、口座名に変更したが、
これまでの口座は抹消
収支が解かる物的証拠は、抹消したつもりだろう。

女性側は、今回の電話情報を元に、
仲良し組では話し合い、欠席する事に決めた。
それも、幹事には言ってある。

だから…

014.jpg

かならず参加して下さい。
との、
切羽詰まった直筆が添えられていた



最初の、幹事からの電話(6万円を遣い切ったとバラシタ電話)で、
「女性側は、旅行で、景色や名所を見たい。」
と、同窓会の内容を変えようと、提案した。
だが、幹事は、
「男性側は、飲みたいのだから、近場での一泊旅行にしたい。」
と、断られた。
しかし、殆どが地元にいるのである。
男性側が、体調を崩しているのも、
知っているのである。
お酒を飲める人が何人いるの状態である。
いないようだ…


インターネットを使いこなして、
安いものを探して来る。

と、母に聞き…
ネット検索してみた


男性 1万5千円
女性 1万3千円
の会費で…
ちょっとー 高級旅館じゃん
会費でまかなえるのー

でも、どこかに絶対ある!!暴いてやるー

と、ネット検索に熱が入る。
あった
1万円で泊まれるプランが。今からでも予約が出来た。

単純計算しても、
一人、1500円は多い

欠席者だって、事務費は200円で充分よ
1800円も余分に徴収している。



1500円を60人分
これが、幹事の懐に丸々と入っていたのである。
(今回、バレテいなければ。)



これまでの残金の行方は
田舎なので、もめると幹事の家族の立場が無いので、
これも一つの思い出にしてしまうようだ。


「今後は仲良し団体で、旅行するからいいの。」
と、ばばエネルギーもスゴイ
ばあさんが、7人で行く旅行は、ウルサイだろうなぁ…



皆さんの身近では、
このような詐欺はありませんか
同窓会… 気をつけましょう



旧友は 人生苦も有り 金は無し
時が経ち 変わるとこ有り 見る目持ち



追記:
今回、母の関係者の目に留まったら…
幹事の方。バレテいるので、今後は同窓会幹事から降りた方が良いです。
今回、知らずに振り込んだ方。
残念ですが、寄付してあげて下さい。
モメナイ方が良いように思います。
気づかなかった、人任せにしていた、あなた方の責任でもあると思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。